【料理】1人暮らしでも揃えたい!絶対便利なキッチン家電5選(2020年)

今回は、1人暮らしでも揃えたい、あると絶対便利なキッチン家電5選とその理由、購入時に選ぶポイントを私なりにご紹介します!

キッチン家電には冷蔵庫やコンロも含まれますが、この辺りは皆さん買われると思うので省きます。

まず結論から言うと、上の2つを除いて以下の5つはあった方がいいです。

【あった方がいい家電5選】
・電子レンジ
・オーブントースター
・炊飯器
・電気ケトル
・フードプロセッサー

ここで、

「電気ケトルいる?」
「フードプロセッサーいる?」

そう思った方もいますよね?
もちろんなくても生きてはいけます。料理もできます。
でも、

あ っ た 方 が 圧 倒 的 に 料 理 の ハ ー ド ル が 下 が り ま す !

それでは順番に見ていきます。

(※商品のリンク、金額は2020年3月30日時点で確認したものです。)



◆最優先!絶対あった方がいいのは「電子レンジ」

解凍も加熱もオーブン機能もある必須家電「電子レンジ」。電子レンジはほとんどの人が購入すると思うので、選ぶポイントをお話します。

まず当たり前ですが、全体のサイズと庫内の広さ&高さ。全体のサイズは置く場所に関わることなので、事前に計算しておきましょう。庫内の大きさに関しては、自分が普段どういった用途で使うのかを想像して、それに見合ったサイズにしましょう。庫内が狭いと、お皿が入らないなど意外と不便です。

そしてもう1つ重要視したいのが、オーブン機能の火力。これが小さいと、オーブン機能を使った時になかなか焦げ目がつかない、思い通りに仕上がらないということが発生します。

私は金額、サイズ感、火力を総合して考えた結果、SHARPの「過熱水蒸気オーブンレンジ 23L [RE-F23A-B]」を購入しました。

シャープ 過熱水蒸気オーブンレンジ 23L [RE-F23A-B](33,000円)

◆早いしこんがり焼ける!「オーブントースター」

電子レンジがあれば問題ないのでは?と感じる人もいると思いますが、オーブントースターは素早く料理をこんがりとさせてくれるので、ぜひとも購入をオススメします。パンやおもちだけじゃなく、グラタンや冷えた揚げ物(コロッケや天ぷら)の加熱、魚やソーセージ、ホイル焼き…挙げればキリがないほど活用できます。

選ぶポイントとしては、庫内のサイズと火力調節。火力調節ができるかどうかはかなり重要です! 私的にオススメなのは、「タイガー「うまパントースター」KAE-G13N」。この価格帯のオーブントースターとしてはかなり温度調節の幅が広く、自由自在です。
庫内も広いので、ピザも1枚まるごと焼けます! 大きめサイズのお皿も安心です。

タイガー 「うまパントースター」 KAE-G13N 1300W(4,620円)



◆ごはんだけじゃない!おかずにも使える「炊飯器」

ご飯はあまり食べない、レンチンご飯でよくない?と思って炊飯器の購入を迷っている方に、炊飯器はおかず調理にも使えますよ!と声を大にして言いたいです。

最近ホットクックとか自動圧力鍋とか、自動調理家電って流行ってますよね? 実は炊飯器は、あれの簡易版みたいな感じです。内鍋に食材を入れて炊飯スイッチを押すだけで、煮込み料理やスープ、蒸し料理などを自動で作ってくれます。

さらにうまく保温機能を使えば、ローストビーフや塩麹、甘酒なんかも作れます。このおかず調理に関しては、安価なマイコン炊飯器でも、IHでも、圧力IHでも、どれでも問題なくできるんです。

私が使っているのはアイリスオーヤマの安いマイコン炊飯器「炊飯器 3合 RC-MC30-WPG」ですが、炊飯のほか豚の角煮やカレー、煮物やスープとフルに活用しています♪
ご飯は炊きあがったらラップに小分けにして冷凍するのがオススメです!

アイリスオーヤマ 炊飯器 3合 RC-MC30-WPG6,281円)

◆調理の時短に!すぐ熱湯が手に入る「電気ケトル」

お湯を沸かすのにとっても便利な電気ケトル。コーヒーやお茶を淹れる時に使うイメージがありますが、1口コンロのミニキッチンで1人ごはんを作る際、ものすごく重要な役割を果たします。

例えば、コンロで炒め物を作ってるとします。ここでスープを作ろうとすると、事前に作っておくか、炒め物をしたあと急いで作ることになります。1口コンロだと、こういった「出来上がりの時間を合わせるのが難しい」という問題がよく発生します。そんな時に電気ケトルがあれば、肉を焼きながらお湯を沸かしておくことができます。あとはお椀にわかめやねぎ、調味料を入れてお湯を注ぐだけでスープの完成! 水から温めるより数倍早く作れます。

電気ケトルを選ぶポイントは、保温効果の有無! 保温効果のある電気ケトルなら、多少調理に手間取っても再加熱する必要がありません。私はTIGERの「電気ケトル わく子 PCM-A080 WM 0.8L」を使っています。沸騰までの時間が早く、保温性もとっても高いのでオススメです!

タイガー魔法瓶 電気ケトル わく子 0.8L  PCM-A080-WM(3,633円)

◆時間も手間も大幅カット!「フードプロセッサー」

最後は私のイチオシ、フードプロセッサー!
フードプロセッサーは料理が好きな人のものだと思っていませんか? これ、日常的に使えるのはもちろんなんですが、近年流行りの作りおきに非常に重宝します

例えば、買ってきた野菜をまとめてフードプロセッサーでみじん切りにして、ラップに包んで冷凍しておく。これをまな板と包丁でしようと思うと大変ですが、フードプロセッサーなら量は大して関係ありません。一気にやってしまえば洗う手間も最小限にできますし、次に料理をしようと思った時、切る手間が省けます。ハンバーグやミートボール、野菜スープもあっという間!すりおろし状態にしておけば、いつものカレーに加えるだけで各段においしくなります。

フードプロセッサーを選ぶポイントは、丈夫さと攪拌力、サイズ、できることの種類です。値段が上がればスライサーがついていたり、パン生地を作ったりできるものもあります。が、個人的には普通の攪拌機能がしっかりとしたものであればそれで問題ないかなと感じます。

これに関しては、私が今使っているものは古すぎて恐らくもう入手できないので、それに近いPanasonicの「フードプロセッサー MK-K48P-W」を紹介します。容器部分がしっかりとしたガラス製なので、破損のリスクも少なく安心して使えます。魚や肉のミンチもあっという間です!

パナソニック フードプロセッサー MK‐K48P‐W(6,490円)

 

* * * * *

1人暮らしの料理を快適にするためにも、お財布と相談しつつ使い勝手の良いものを購入してくださいね!

 

この「ソロ活LIFE」では、1人暮らしを楽しくストレスフリーに生きるための情報を多数発信しています。ぜひほかの記事もチェックしてみてください♡

文=月乃雫 @tukinosizuku101

タイトルとURLをコピーしました