【レシピ】みりんを使うから甘みまろやか♡ なすとズッキーニの甘辛丼

料理に深みのあるコク、そして照りをプラスしてくれる「みりん」。日本人にとっては欠かせない調味料の1つで、大抵の家に置いてありますよね。もちろん筆者も欠かさないようにしています。

そんな日々の料理に欠かせないみりんですが、実は大きく分けて2種類あるって知ってますか?

●本みりん
→もち米、米麹、焼酎などのアルコールを糖化、熟成させたもの。アルコール度数は12度~15度程度。

●みりん風調味料
→熟成させる代わりにブドウ糖や水あめなどの糖類、うまみ調味料・香料などを加えて短期間で作られたもの。アルコール成分はほぼなし。

アルコールには煮崩れを防いだり食材の臭みを取ったりする効果があるため、本みりんには味以外の効果もたくさんあるのです。ただし、アルコールを飛ばすのがめんどくさい場合にはみりん風調味料を使うのもアリ。価格も酒税がかからない分、基本的にはみりん風調味料の方が安価です。

ただ、筆者個人的には、やっぱりいろいろな効果が得られる本みりんが好きです。あととても個人的な趣味ですが、色が綺麗な飴色で見ているだけで嬉しくなります(笑)

そんな筆者ですが、先日レシピブログのモニター企画で、【タカラ本みりん「国産米100%」〈米麹で甘みまろやか〉】をいただきました。私の好きな本みりん、しかもちょっと特別なやつです♪(※全国のスーパーで普通に買えます)



◆タカラ本みりん「国産米100%」〈米麹で甘みまろやか〉って?

この商品のポイントは、

・国産米100%
・米麹でまろやかな甘み
・量が調整しやすい「ラクラク調整ボトル」

「ラクラク調整ボトル」は、ちょこっと使いたいときに便利な細口、たっぷり使いたいときに便利な広口の両方が使える嬉しいボトルです。

調味料って、ついつい出しすぎちゃった…という失敗、誰でも一度はしますよね(^^;)

米麹も、お米のうまみを引き出す米麹、オリゴ糖を作る米麹の2種類を組み合わせて作るというこだわりよう! これにより、まろやかな甘みを生み出すオリゴ糖が約50%もアップしているそうです。

これは期待できそう♡

 

今回は、このいただいたとっておきの【タカラ本みりん「国産米100%」〈米麹で甘みまろやか〉】を使って、「なすとズッキーニの甘辛丼」を作ってみようと思います♪

◆「なすとズッキーニの甘辛丼」の作り方

それでは早速、作り方を見ていきましょう!

◆材料(1人分)
・なす 1本
・ズッキーニ 1/2本
・片栗粉 なすとズッキーニにまぶす分
・揚げ油 フライパンに5㎜~1㎝程度
・バター 8g
・醤油 大さじ2
・タカラ本みりん「国産米100%」〈米麹で甘みまろやか〉 大さじ2
・砂糖 小さじ1
・ご飯 お茶碗1杯分程度

◆作り方
1 なすとズッキーニの皮を縞模様にむき、縦に切ります。

 

2 1に片栗粉をまぶし、フライパンで揚げ焼きします。

 

3 フライパンを綺麗にし、バター、醤油、タカラ本みりん「国産米100%」〈米麹で甘みまろやか〉を入れて加熱します。

 

4 2に3を絡め、丼にいれたごはんの上に乗せれば完成です。余ったタレは上からかけます。

 

* * * * *



バターのこってりとしたコクに醤油の香ばしさ、みりんのやさしい甘みは相性抜群!

トロッととろけるなすとズッキーニ、そしてそれを包み込んでいる衣にタレがしっかりと絡んで、口の中で野菜の甘みと溶け合い相乗効果を生み出します。しあわせ…♡

今の時期はなすもズッキーニも安くで売られていることが多いので、おトクにこのおいしさを満喫するチャンスです! ぜひ作ってみてくださいね♪

 

この「ソロ活LIFE」では、1人暮らしを楽しくストレスフリーに生きるための情報を多数発信しています。ぜひほかの記事もチェックしてみてください♡

文=月乃雫 @tukinosizuku101

 

※レシピブログの「タカラ本みりんレシピコンテスト2020」参加中です。
タカラ本みりん簡単料理レシピ

 

タカラ本みりん簡単料理レシピ

タイトルとURLをコピーしました