【レシピ】決め手は〇〇〇! 塩昆布とバジルのチャーハン

家に常備しておくと何かと便利な「ドライハーブ」類。

ドライハーブは様々な種類が瓶詰めやパウチで売られていますが、使い切れなさそう…と敬遠してしまってませんか?

パセリ、バジル、オレガノ、ローズマリーあたりは使い勝手も良く、ちょっとしたアクセントに使うと簡単に料理をランクアップさせることができます。それに賞味期限も長いので、存在を忘れさえしなければ案外使い切れてしまいますよ♪

バジルの香りがふわっと香るこの「塩昆布とバジルのチャーハン」は、私の密かなお気に入りです♡



◆「塩昆布とバジルのチャーハン」の作り方

それでは早速、作り方を見ていきましょう!

◆材料
・ご飯 1人分
・卵 1個
・バター 8~10g
・塩昆布 大さじ1~2程度
・ドライバジル 大さじ1/2程度
・塩コショウ 少々
・醤油 好みで

◆作り方
1 フライパンにバターを溶かして溶き卵を入れ、半熟になったらご飯を加えて切るように混ぜます。

2 パラパラになるまで炒め、塩昆布、ドライバジル、塩コショウ、醤油を加えて混ぜれば完成です!

 

* * * * *

ポイントは、炒め油にバターを使用すること。バターの香りと塩気が、塩昆布とバジルをうまくまとめ上げてくれます。

イタリアンと和食は相性が良いと言われているので、ほかにもこういった組み合わせを生み出せそうですね。

味の”繋ぎ”となる調味料や油を工夫するだけで、一気にバリエーションが広がりますよ♪

 

この「水音LIFE」では、1人暮らしを楽しくストレスフリーに生きるための情報を多数発信しています。ぜひほかの記事もチェックしてみてください♡

文=水音

タイトルとURLをコピーしました