ストックしてる? 1人暮らしで置いておくべき「乾物」7選

写真:O-DAN

こんにちは!水音です。

今回は、1人暮らしで置いておくと便利な「乾物」10選をご紹介します。

1人暮らしだとキッチンが狭いだけでなく、冷蔵庫も小さいものしか置けなかったり、食材を置けるスペースが少なかったりと不便なことが発生しがち。
乾物は保存性が高く場所も取らないので、常備しておくと何かと助けてくれます♪
それでは、早速見ていきましょう!

◆小麦粉、片栗粉、てんぷら粉、からあげ粉などの粉類

これは、ほとんどの人が常備しているのではないでしょうか?
特に大事なのは「小麦粉(薄力粉)」と「片栗粉」。
粉もの料理(お好み焼き等)に使用するのはもちろん、とろみ付けに使ったり、肉や魚にまぶして調理したりするだけで、ボリュームがぐっとアップします。
残りの2つはなくてもほかで代用できますが、てんぷら粉があると卵を使わずに天ぷらを作れるので便利です。

◆パスタ、そうめん、ラーメンなどの麺類

疲れてるのにご飯がない…という時のために、ぜひとも常備しておきたい食材です。
保存性も高く長持ちするので、とりあえず買って置いておきましょう。
ちなみにうどんは、個人的には乾麺より冷凍うどんの方が食感が良くオススメです。

◆カットわかめ

わかめは、超低カロリーでミネラルも豊富なお助け食材です。
さっと戻してすぐに使えるカットわかめは、味噌汁やスープ類のほか、チャーハンやサラダ、麺類のトッピング、混ぜご飯など様々な場所で重宝します。
戻すとかなり嵩が増えるので、1袋買っておくと意外と長く使えます。

◆塩こんぶ

そのままご飯のおかずになるだけでなく、漬け物やパスタ、炒め物、炊き込みご飯などの味付けにとっても便利!
うまみが強いので、混ぜ込むだけで簡単に奥深い味わいに仕上がります。
料理に手間をかけたくない人にこそ活用してほしい食材です。

◆春雨、マロニー

麺類と少し似てしまうかもしれませんが、「春雨」もぜひともオススメしたい食材です。
独特の食感が食べ応えをアップさせてくれるので、私は季節問わずスープや鍋に活用しまくります!
太めの春雨(もしくはマロニー)は食感が良いので、もっちりとした弾力を楽しみたい時にオススメ。
細いものは火の通りが早いので、カップに調味料、ねぎ等を一緒に入れてお湯を注ぐだけで食べられるという嬉しさがあります。

◆ごま

ミネラルやセサミン、ビタミンEやBなど、小さな粒の中に栄養がぎゅっと詰まっている「ごま」。
抗酸化力の強い栄養を多く含む食材として有名ですよね。
比較的何にでも合うので、日常の食事に積極的に取り入れていきたいところ。
ただ、そのままだと消化されずに排出されてしまうこともあるので、すりごまにして食べるのがオススメです!

◆かつおぶし

たんぱく質やカリウム、ビタミンDなど栄養豊富で、しかも低カロリーな便利食材。
うまみがぎゅっと凝縮されているので、出汁の素としても有名ですよね。
きゅうりや白菜と和えて漬け物にしたり、おかかご飯にしたり…ささっと栄養が摂れて価格もお財布に優しいので、置いておいて損はない食材です。

他にも、干しエビや干ししいたけ、海苔なども便利です。

 

いかがでしたでしょうか?
このブログでは、他にも様々な「1人ごはん」を楽しむための情報を公開していきます♪

タイトルとURLをコピーしました